どら八ん(小倉あん)

¥1,296

京都名物「生八つ橋」の味と形を損なうことなく、どら焼きと組み合わせた京都新名物が「どら八ん(どらやん)」です。
京都にはたくさんの「生八つ橋入りどら焼き」が存在していますが、それは「どら焼き」で「生八つ橋」ではありません。京都深村の「どら八ん」は、あんこをのせたどら焼きの皮を半月形に折り、さらに生八つ橋で包み、「どら焼き入り生八つ橋どら八ん」が完成しました。
金沢のイラストレーター玉井明日子氏に京都深村のキャラクター「京兎しふぉん」を描いていただき、「どら八ん」の箱に採用しました。

「どら八ん」のあんこは、富士山の麓、富士宮市の「北川製餡所」に北海道産小豆をミネラル豊富な富士山の伏流水を使用して炊いてもらっています。また、どら焼きの皮にも富士山の伏流水を使用して京都深村が一枚一枚手焼きをしております。
生八つ橋のニッキの香りと味がどら焼きとの相乗効果をもたらし、今までにない生八つ橋を味わうことができます。

賞味期限7日
6個化粧箱入り 税込1,296円