ハロウィン「ドラキュラどら焼き」(かぼちゃあん)

ハロウィンードラキュラ―どら焼き

ハロウィン「ドラキュラどら焼き」

ハロウィン・ドラキュラどら焼き
京都深村のデザイナー兼パティシエ「Tachiana OTA」が新たにアマビエのデザインをハロウィンバージョンで描きました。アマビエがドラキュラになって登場です。
ドラキュラの色のイメージは黒と赤ですが、ハロウィンにちなむとやはりオレンジ色かと考え、無理やりドラキュラにハロウィンの代名詞であるかぼちゃをかぶせました。オレンジ色のあんこならやはりかぼちゃのあんこしかないでしょう、ということでかぼちゃのあんこを採用しました。
デザインには”Drabie compels Covid-19″とありますが、”Drabie”=「ドラキュラとアマビエの造語」、”compels”は英語の動詞で「(悪魔などを)退散させる」の意味があります。
「ドラビエはコロナウィルスを退散させる」となります。「ドラビエ」は「どら焼きとアマビエの造語」のようにも解釈できますね。

北海道産のえびすかぼちゃをふんだんに使い、富士山の伏流水を使用して炊いた白いんげん豆のあんこを使用したかぼちゃあんです。

会津産の桐炭を使用した生地
生地には福島県奥会津産の桐炭を使用し、ハロウィンのダークなイメージを表しています。
かぼちゃあんに大納言鹿の子をまぶせて上品な甘さと歯ざわりを感じながら、ふっくらもちもちとした生地を味わうことができます。

ハロウィン・ドラキュラどら焼き
ハロウィン・ドラキュラどら焼き
※フランケンどら焼きの化粧箱と同一になります。
賞味期限7日
6個化粧箱入り 税込1,620円